茅ヶ崎ゴルフ場の最新状況について

茅ヶ崎ゴルフ場利活用事業の中止について(令和2年8月31日更新)

二度にわたる茅ヶ崎ゴルフ場の利活用事業が破談になる原因はどこに?
「自然的要因と社会堤要因」を考えて行くことで「まちづくりに最重要な安心・安全」が見えて来る、そこで初めて揺るぎない今後の事業形態が見えて来るはずだと考えております。

茅ヶ崎ゴルフ場利活用事業の中止について
茅ヶ崎ゴルフ場利活用事業の中止について
茅ヶ崎ゴルフ場利活用事業の中止について
茅ヶ崎ゴルフ場利活用事業の中止について

住民を中心に考えるまちづくり・・・・

安心・安全確保の場所 (現状海岸地区6万人の広域避難場所に指定)

◆延焼火災からの広域避難場所・・・

  • 南側に唯一残された広大なみどりに包まれたゴルフ場の形態は、火災からの逃れた人々の命も動物たちの命も守り、みどりの力で心をも癒す場所になり得る

◆津波避難タワーの役目・・・

  • 防砂林を含め5重に重なる松の木と、芝生に覆われた高低差(最高値10.5m1国道と同じ)はゴルフ場奥の地域に津波の被害を軽減させる利益をもたらしている
  • 提案内容のクラブハウスとホテル・コンベンションルームには在住人がいないので津波避難の場合は全てが解放可能も大きなメリット

◆災害復旧時の芝と土の広場の役目・・・

  • 災害によっては町全体が焼失、がれきに覆われるなどの問題が起こりテントによる避難生活や動物たちの生活場などが必要になると考えられ、芝と土の場所は貴重になると考えられる

公園でなくゴルフ場で有る事のメリットを考える

◆公園は税金を使うだけで収益はうまず、
ゴルフ場と同じメンテナンスは不可能

  • 現状ゴルフ場で在ることで、市には年約1億3千万の収入がある
  • かけがえのない南側市民の命を守る場所は今の形態がベストである

大手事業者開発のメリットとデメリット

◆メリットは・・・初期計画が
上手くいっている間は安定に持続する

  • 決定してしまえば丸投げで心配ない、近隣住民や市民には関係なく出来るのを楽しみにしていれば良い

◆デメリットは・・・失うこと、
近くていちばん遠い存在になる

  • そこはもう近隣住民や市民の声は届かない治外法権の場所、行政は個人事業者に意見は言えない
  • 夢のようなプロジェクトの説明だったはずがふたを開けたら話が違ってももうどうにもならない、既に事業者のものなのです(最初の形態は10年経過すれば変えられる)
  • 災害時本当に地域住民を優先してくれるのか、行政と事業者の取り決めに、責務は発生しない
  • 結論はその広域避難場所の中は金銭が介在しなければ関われない場所になり、命が守れる保証は失い、要請も出来ない場所になる

私達の提案

潮風とみどりに集う「エンゲージメント・シティー」
海風と緑松・静と動がおりなす緩やかなクロスウエーブの心地よい波動をうけとめて、エンゲージメントを高める人々・・・
そこは茅ヶ崎の地で育まれた風土と文化の恵みを、心とからだの全てでうけとる事の出来るとくべつな場所です・・・
<静・癒す>  静はみどりと潮風を活かした年代をこえた癒しの場所

週末の基本ターゲットは大人 「都会で働く女性達」「ゴルフプレイヤー」

  • 身も心もくたくたになったら、オフィスから直行「癒やしと刺激を受けて」次の2週間を新鮮な心と体で・・・月曜はオフィスに直行!
  • 未病チェック機能の充実  責任有るポジションにいる女性特有のストレスを2週に1度のペースでチェックデータを管理する「女性の未病」
  • ストレスと疲れを軽くすると同時に、長期間の未病チェックデータを蓄積する事で自分の身体を知り安心をえる事は仕事をこなす自身につながる最重要点
  • 高齢のゴルフプレイヤーも多いので、プレイ前後の身体チェックデータを作成

平日のターゲットは奥様方 ・「サンセットヨガと未病チェック」 ・ゴルフパックは「未病チェック」付き ・多彩な宿泊パック有

  • 心とからだが大切と感じたら・・・ゴルフ場という・・・公園では味わうことの出来ない非日常的感覚に身をおいてリフレッシュ
  • 別荘文化名残のたおやかな気の流れは茅ヶ崎特有のもの・・・

昼間のママ達は「裸足で芝生のチビラン」で子ども達は自由に走り回り、サイドカフェで見守りながらの情報交換

  • ちいさな子ども達にはドックランならぬ、チビランで自由に遊ばせて、ママはゆっくりカフェオレ
  • マルシェランチは交代制、うちのランチは絶品と名乗りを上げたあのお店が来たら嬉しいかも・・・

早起きシニア達には「モーニング朝食」を・・・焼きたてパンとコーヒー紅茶のみ・・・新聞持ってきて下さいね~

  • 「潮風のなかでの朝6時~の朝食が一日のスタート」 なんて贅沢! お年寄り達の憩いの場所でありたい・・・茅ヶ崎のご自慢パン屋さん腕をふるってください
  • 気が向いたら、パンとコーヒーもって浜辺へなんて素敵じゃないですか・・・素敵なお年寄りは私達の自慢です・・・

サンセットまでの2時間・・・みごとなまでに姿を変えるゴルフ場は、だれでもが集えるみどりと潮風のパブリックスペースに

  • 非日常であり、ステイタス感の有る場所が、すぐ近くに存在しそこを利用できるとなれば地域住民にとっても何よりも大切な「プライドオブプレース」になるでしょう非日常であり、ステイタス感の有る場所が、すぐ近くに存在しそこを利用できるとなれば地域住民にとっても何よりも大切な「プライドオブプレース」になるでしょう
  • 日が落ちるまでの数時間をみどりの中を散歩するお年寄りや芝生を走り回る子ども達・・・年に何回かは午後から全面解放
  • みどりの芝生にねころがり、流れる雲を仰ぎながらのグリーンヨガ・・・大地と空からの癒しの気を身体一杯に受けてリフレッシュ、非日常を堪能してください
  • 美しい日没の時間を、茅ヶ崎住民皆でわかちあう「トワイライト・マルシェ」や「トワイライト・ミュージック」などのイベントでゴルフ場を全面解放・・・
  • 多くの恩恵をもたらすこの場所を茅ヶ崎住民で守り抜き、感謝と共に享受し次世代へ引き継ぎましょう・・・

<動・プライドオブプレース>  感性が響き合う出逢いの場所

この地だからこそ生まれた感性は、訪れるひとを心地よく刺激し緩やかな対流を創造する・・・

  • 松を吹き抜ける風のように多様な流れを創りだし、満ち引きする海のように深みの変化を楽しむ・・・穏やかで秩序の有る出会い
  • 茅ヶ崎の若いクリエターのポテンシャルを発表する場所であり、偶然訪れた人と価値を共有する場になるかも知れません
  • 絵画・書・アクセサリーなどあらゆるジャンルのモノであったり、新しいコトの提案だったり・・・行政・会社に頼らなくとも発表出来る交流の場・・・
  • 画一的リゾート施設では経験することのできない、茅ヶ崎の風土と文化が生んだ多様な心と体と意思の流れを感じる事ができる唯一無二な場所

風土の危機・・・この地に住む人々が大らかであったため、いまはほとんどの松林を失うことになってしまった

  • 多く地がそうであるように経済優先の開発により、茅ヶ崎南側は火災延焼クラスター地域と呼ばれるに至り、茅ヶ崎ゴルフ場は南側に残った延焼火災から住民の命を守り切れる唯一の広大なみどりの砦になってしまいました
  • 先人から継承し茅ヶ崎を愛し住む私達は、この地の危険性を知った上でも余りある誇りをこの地に持っているのです、市民の集合知を活かし開発から守ってゆきます
  • 茅ヶ崎人が考える提案には、継承された風土・文化と現代に活きる知恵、他との交流設定に今までにはないオリジナリティーが反映されています

文化の継承・・・別荘地として政財界・文化人に・・・風土の良さで結核療養所として愛された茅ヶ崎の海岸線

  • 海の豊かさと山の豊かさの両方が、それぞれの個性を活かした新鮮な食物をもつ贅沢さは守られ継承されて行くべき宝でありそれを感じた若い力が新しい方法で食物を育て始めている・・・その一つがEM菌です、それを最大限に活かし切った「ホテル」が提案されました
  • 「未病のチェック」などの身体メンテナンスや心の癒しをテーマにする事は、療養所を受け入れ名を知らしめた文化の継承といえます